Ubuntu 10.04で親指シフトを快適に使う、のメモ

Ubuntu 10.04で親指シフトを快適に使うため、ネット上の情報を探し回ったので、そのまとめ。

  • SCIM-Anthyでは、問題なく親指シフトが使える。
  • Ubuntuでのインプットメソッドの標準はSCIMからiBusに変わったみたい。
  • Ubuntu 10.04に標準で入っているiBus-Anthyはバージョンが古く、設定できる項目が少ない。個人的に痛いのは左親指シフトキーをスペースキーに割り当てられない点。
  • 次バージョンのUbuntuリリースまで、Ubuntuでサポートされているアプリケーションのバージョンは上がらないらしい。
  • 自分でUbuntu用にiBus-Anthyをdebパッケージ化するのハードルが高い。
  • 個人的に作成したdebパッケージ化したものを公開してくれる人がいるので、それを使わせてもらうと楽。

ということで、
https://launchpad.net/~shawn-p-huang/+archive/ppa
から「ibus-anthy 1.2.1-1ppa1~lucid1」をダウンロードし、インストール。1.2.1は設定可能項目も増えていて、親指シフトキーのキー割り当ても変更可能。しあわせ・・・。先人たちに感謝。

参考:https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=8602

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。