Emacs on WindowsでMarkdownを書いてHTLM出力

軽く資料を書くためにorg-mode→HTML出力を愛用していたが、チームメンバーと共有する関係でMarkdownで同様なことができるようにする。先人たちの知恵を借りながら何とかできたのでその備忘録。

Pandocをインストール

ここから *.msi ファイルをダウンロードしてインストール。分かりやすいように C:\App\Pandoc に入れておく。

PandocはMarkdownやHTMLなどのマークアップ形式の文章を様々な形式に変換できるツール。これは便利。覚えておこっと。

CSSを用意

Pandoc に対してMarkdown→HTML化する際に指定するCSSファイルを予め用意しておく。

ここからzipファイルをダウンロードし、 github-markdown.css を適当なところに置く(例に習って、%HOME%の下に .pandoc を作って置くことにした)。そして github-markdown.css を次のように編集する。

  • 「.markdown-」を一括置換して取り除く。
  • body に min-width, max-width, margin, padding の指定を加える。
変更前後比較
右が変更後。

markdown-mode パッケージをインストール

M-x package-install markdown-mode

init.el に設定追加

Markdown→HTML変換する際に実行されるコマンドを定義する。用意しておいたCSSファイルもここで指定する。

;; markdownのコマンドのパス追加
(setq markdown-command "C:/App/Pandoc/pandoc --quiet -f gfm -s --self-contained -c C:/Users/USERNAME/.pandoc/github-markdown.css")
  • –self-contained
    • CSSをHTMLに埋め込むことを指定。
  • –quiet
    • Warningを抑制。これを指定しておかないと、WarningがHTMLに出力されてしまう。

変換実行

*.md ファイルを開いて C-c C-c 後、 e か v (export か export & preview) で変換実行。ちょっと時間がかかる。*.mdファイルがあるフォルダに*.htmlができるはず。

いじょ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください