日曜朝のゴールデンタイムが当たり年っぽい件

■仮面ライダー電王
言うことなし。クウガから始まった平成ライダーシリーズはかなりの大人向けの路線だったけど、やっぱりライダーは子供のもの。ライダーで育った大人達がリアルなライダーを作りたくなる気持ちも分かるけど、子供から取り上げるのは止めてほしい訳で。その点、電王はギャグ満載、1 or 2話完結のストーリー構成で子供も楽しめる。シリーズ通してのストーリーは、謎が謎を呼び大人も楽しめる。この辺のバランスがうまい。
■獣拳戦隊ゲキレンジャー
ゲキレンジャーは、しっかり拳法ストーリーになっていて燃える展開に。善悪お互いに修行により成長していく過程がGood。相反する思想から二つの流派に分かれてしまったが、目指すところは共に拳士としての高み。分かれた道は再び合流するのか、それともどちらかは消えゆく道なのか。後半の展開に期待です。ぶっちゃけ、ボウケンジャーよりもストーリー的には面白くなってまいりました。ヒーロー側のデザイン(コスチュームデザイン,ロボデザイン)は最悪ですけど。
■Yes! プリキュア5
仲間内の意見の相違などがキチンと描かれていてよし。人付き合いには衝突は付きもの。幼少期からそういうことを学んでおくのがよいと思うのです。
しかしまぁ、前回のエヴァ並みの精神攻撃には参りました。「あいつなんて、いなくなっちゃえばいいと思ったことあるでしょ?」、「こっちの世界にいれば、もう嫌な思いしなくてすむのよ。」と語りかけてくる、もう一人の自分。ここまで負の要素を描くとは思わなかったので、かなり見直した。あとは悪側の真の目的が実は崇高な目的だったりしたら神。全宇宙の平和のためとか。期待してます。

電脳コイル

電脳コイルが面白すぎる。2?4話まで一気に見てしまった。第4話のハッキング合戦が燃えてしょうがない。ダメージを受けると、あらゆる物にブロックノイズが異様な世界。何やらとんでもないオチが待っているヨ・カ・ン。
普通にコンピュータ用語がバリバリな作風で、そういった言葉に疎い人は置いてけぼり。子供向け番組の時間帯でコレはないだろ(笑)と思いましたが、現代を生きる子供たちは、生まれた時から電脳グッズに囲まれている訳で、ひょっとしてこういった言葉は常識なんでしょうかねぇ。。。
うちの子供、小学1年生だというのにパソコンを使った授業が受けたみたい。マウスを使うのが難しかったと感想を述べてました。
ゴメン。うちはトラックボール至上主義。(^^;)

パプリカ

10年以上前に読んだ筒井康隆原作の「パプリカ」がアニメ化されていると知って小躍り。と言いながら、実は基本設定以外のストーリーは全て忘れている訳ですが。いや、面白かった記憶だけはあるのだが。
さっそく見てみたのですが、林原めぐみ先生の演じるパプリカ&敦子が非常に良い。やっぱりウマイは、この人。映像クオリティも高い。パプリカにスイッチするシーンはカッコ良いし、夢の中な感じもうまく描けている。こりゃ秀作。そして特別出演に「筒井康隆」ワロス。
このスタッフ&キャストのままで、全13話ぐらいでシリーズ化してくれないかなぁ。。。別の話も激しく見てみたいんですけど。

もってけ!セーラーふく

ニコニコ動画で公開されていたフルコーラス+歌詞付き動画を見て以来、CD買いたい、、、という気持ちが抑えられない。
3番の歌詞が神がかり過ぎていて、もう。♪Chop Chop Kick → ♪うんだかだ? へのコンボがお見事。日本の女子高生の生態を見事に表現できていて「あぁ、才能のある人っているもんだな」と思わざるを得ないのです。ぜひ外国の方に聞いて頂きたい。これが日本の文化です。まる。
で近場のCD屋さんに行ったら無かった・・・。orz

コードギアス 反逆のルルーシュ

キャラクターデザインがCLAMP大先生ということで敬遠していた「コードギアス」。「牙狼?GARO?」を消化し終えたので、軽い気持ちで見始めたわけです。
が、面白い!これは面白い!!次の話がついつい気になって見てしまう。電車の中や会社でiPodを使って視聴中。もう周りの目なんか気にならないのです。ガソリンスタンドで洗車をお願いして「1時間待ちです。」とか言われると嬉しくてしょうがない。3話分見れるし。