MinaTech

innocent at every scene

轟轟戦隊ボウケンジャー終了

暇さえあれば、とかちくつてを見ていた一週間。気がつくとゲキレンジャーが始まってました・・・。あわててボウケンジャーの感想をまとめてみます。
前半の出来からは想像できないくらい後半が尻つぼみ。ガッカリしております。「レムリアの太陽」以降なぜか失速。寄り道しすぎて時間が足りなくなった感じ?最後はとても駆け足になってしまい、クエスターやリュウオーンの死に様が薄っぺらん。あーあ、、、としか言いようがない。
もう少しレギュラー陣にまつわるエピソードを掘り下げてほしかったですね。例えば以下のような。

個人的なベストエピソードはTask.16「水のクリスタル」。もう2度と入ることができない水の都を前にラギが行った言葉「また、見に来ればいい」。これにはマジ泣き。次点はTask.34「遼かなる記憶」。菜月のお父さん・お母さんのメッセージがこれまた泣けた。どっかで見たことある二人だと思ったら、過ぎし日のキリンレンジャーとメガイエローの中の人でした。黄色と黄色の子供は黄色という設定。スタッフ遊びすぎ。面白いから許す。
1年通しての構成としては、最終的にレムリア繋がりにしておけば良かった気がします。リュウオーンは研究家、クエスターは選ばれし人間を知っていて、ガジャは自分たち以前の高度文明、ということで何らかの繋がりがある訳で。ラスト4話くらいで、菜月の正体が姫君+超プレシャスを発動させる鍵だとか持って行けば盛り上がりそうな気が。(あ、これじゃナディアか。)
特撮はとても気合いが入っていましたね。まさにGood Job!

などなど。
細かい部分では、以下のところに感心しました。

でもまぁ、うまくまとめたかなということで個人的には合格と言えます。スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
次回作、変身後の衣装デザインがヘボいけど期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*