MinaTech

innocent at every scene

係争終了

揉めていた敷金返還問題がやっと片付いた。当初、敷金14万のうち返還金4万ほどでしたが、交渉の末、約7万に。3万ほどのUpだけど、まあ満足。
国土交通省のガイドラインに添って現状回復費費用を算出してほしいと言っても、不動産屋は
・ウチではやってない
・これが長野のルール
・大家に言っても分かってくれない
・ガイドラインは法律じゃないので、従う義務なし
・なんなら弁護士相談や消費者センターに聞いてくれ
と無限ループに答えるばかり。
以前、隣に住んでいた人が30万円の請求をされたということで原状回復に関しては勉強済み。こっちは初めてから少額訴訟を起こすつもりでやっているので、そんなこと言われても引きません。:-p
という訳で、裏付けが欲しかったので消費者センターに初相談。ちょっとドキドキしながら電話したら、とても親切に対応してもらえました。今後もいろいろと相談したいぐらい。で、消費者センターの回答としては
・基本的に全額返ってくる。
・ハウスクリーニング代も普通に掃除されていれば払う必要なし。
・不動産屋が行っている「長野ルール」などは存在しない。
 (相談相手も思わずプッっと吹き出していた。何それという感じ。)
・少額訴訟を起こせばガイドラインに沿った判決がでます。
まさに下調べ通りの回答。いよいよ少額訴訟と息巻いていたら、ハウスクリーニング屋+リフォーム屋の企業努力とかで見積もりが安くなった・・・。方法はどうあれ、こちらの要求金額にかなり近づいたので拳を降ろすことにしました。(今後のためにちょっと裁判の練習したかったかも。かも。かも。)
田舎だということを盾に、アホな振りをしてボッタクリをするのは止めてほしい限り。結構CMも見かける大手なのですが油断も隙もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*