MinaTech

innocent at every scene

仮面ライダーWを振り返る

今日から「仮面ライダーオーズ」が始まった。もう、正太郎とフィリップには会えないのか・・・。さみしい。

時折、ギャグも織り交ぜながら進む話は、人間の心の弱さを描いた作品でありながら、小さなお友達にもしっかりアピールできる良作だったと思う。麻薬のようなガイアメモリによって、自分がコントロールできなくなり良心を失っていく犯人たち。それを戒める「ハーフボイルド」な正太郎。鳴海荘吉の完璧さとうまく対比させ、「優し過ぎ」を強調しつつ、「優しさだって強さの一つ」と非情になりつつあるこの世の中に、大切なものが何なのか語りかけていた、そんな気がする。

制作スタッフや出演者の方々にありがとうと言いたい。1話たりと無駄な話がなく、1年間楽しめました。「仮面ライダー」という足かせを付けられながら、うまくまとめあげました。財団Xが出てきてからグダグダだったけど、涙で落としてハッピーエンドで救われました。最終回の予告なんて夢も希望もなかったし、ジェットマン以来の衝撃エンドかと恐れていました。

わたし的なベストエピソードはエクストリーム初登場 の「風が呼ぶB/今、輝きの中で」。吉川晃司、もとい鳴海荘吉が歌う「Nobody’s Perfect」をBGMに、変身不能の状態にも関わらず無理矢理変身し、「さあ、おまえたちの罪を数えろ!」とキメる正太郎&フィリップ。まさに男の戦い。この流れの中で一番関心したのは、正太郎たちの乗ったバイクのエンジン音を、ビーストドーパントはかなり前の段階で気づいている点。「うるせ~な~」とゆっくり振り向いた後に、変身が解けている照井竜がやっとエンジン音に気づいて「ハッ」と振り返る。人間とドーパントの身体能力の違いを描写する、この細かい演出。グッジョブ。

最後に、、、やい、バンダイ!いい加減に「仮面ライダー」の冠付けるのやめなさい。そんな冠無くたって、充分面白い作品が生まれているじゃないか。おもちゃ買うからさ、そろそろオリジナル作品に戻そうよ。たまにはブルースワットみたいにコケたっていいじゃないか。

今回の関連グッズ購入は「ドーパントメモリ」だけでした。Wドライバーやプリズムビッカーもかなり欲しかったけど、メモリ1つに対して、ボタン電池3個は痛かった。。。玩具設計部門には、この辺考慮してほしい。高いし、気軽に捨てられないし、ボタン電池嫌いです。

新番組のオーズは初見で70点。今後を期待させる、なかなかな展開じゃないでしょうか。園崎家mkIIみたいな設定が気になりますが、ま、始まったばかりなので今後に期待します。

仮面ライダーW(ダブル) ドーパントメモリ (再生産分)
仮面ライダーW(ダブル) ドーパントメモリ (再生産分)
バンダイ 2010-07-04
売り上げランキング : 2455

おすすめ平均 star
star初回分も再生産分も同じ
starまさかの怪人変身アイテム!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*