MinaTech

innocent at every scene

仮面ライダーカブト終了

カブト終了。このシリーズ、どうなんでしょ…。とりあえず、『よかった探し』をしてみる。
・間宮麗奈
・ミサキーヌのツンツン加減
・ひよりのビクビク加減
・田所さんの険しい顔
・天道の脱力気味な変身
・前半のスーパーヒーロータイムの加賀美
ま、『黒包丁』あたりからもうどうでもよかったのですが。間宮麗奈をもっとうまく使わないと!寄生獣の女教師のような役回りを与えればいいのに・・・。で、どうして言いたいダメなところは…、
・トンボマスクのやる気のないデザイン
・適任者不在で余りまくるゼクター
・中の下的なボスばっか(ラスボスは根岸さんw)
もうちょっと1年を通したストーリー構成をお願いします。そもそもクロックアップのような特殊能力をメインに持ってくるのが間違いのような。スカイライダーで学んでないのかと。キャストは良いメンバを揃えていただけに残念ですね。
次は電車に乗ってくる桃太郎ライダー。設定が弾けているので期待してます。

2 thoughts on “仮面ライダーカブト終了
  • うたかた より:

    このエントリー読んで、慌てて黒カブトらへんから10話ぐらい飛ばして、クリスマスの回あたりから見た。
    ・・・。
    えーっと、食べることは人の基本?って話なのかしら。食べ物がやたらめったに上手そうだったわ。
    もうねぇ、ラスボスが後から突然出てくるのは、お話的に破綻してる!
    映画の最初に出てくるピストルは最後に凶器として使われるってセオリー無視してるっ(←それは推理小説)
    普通に加賀美パパをラスボスに持ってきたらまだ感動が作れたんじゃないかしら。
    結局向こうの世界がなんだったのか、わからないのだけど、黒カブトは未来の天道だとかさ、上手く作れば面白いネタだったのに、迷走しすぎーー;
    加賀美だけがいい子でライダーそれぞれが全部俺様。
    トンボの人もバッタの人達もラストストーリーに関わってこれない自己中ぶり。話に必要ないやん。と、思うとひよりも必要ないような気がする(苦笑
    坊ちゃんのところだけが泣けた!
    から、あの話は短かったのかな。長くすると他が食われそうだもの。

  • MinaTech より:

    おつかれさまでした。見終わった後の虚無感はエウレカとどっちが上だった?
    確かに重要な登場人物が1人もいないかもね。(そういえば天道妹もいらないような。あんなに主人公に近い役なのに。あぁ。)
    制作者側が一体何をやりたかったのか謎。
    料理番組+ライダーだったのかもしれんが、そんな企画、はたして通るのだろうか…。
    ぶっちゃけはっちゃけ、迷走っぷりはプリキュアと良い勝負でした。いや、話が破綻していた分、ライダーの勝ちかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*