MinaTech

innocent at every scene

ロンドンにて

そんな訳で夜明け前からロンドン市内をうろついていた訳です。カメラを首からさげてカメラマン気分で。
一夜漬けの成果をまとめると
・特定の時間を狙って行け → とりあえず夜明け狙い
・その土地らしいものを撮れ → ビッグベンw
・写真にユーモアを → 面白いものがあったらシャッター切っておくか
と行った心構えです。はい。

ロンドンアイ
ロンドンの新名所である観覧車。ミレニアム記念で建設されたようです。新婚旅行でロンドンを訪れたときは、建築中のロンドンアイを二人で眺めたっけ・・・。(遠い目)
ちょっと近づきすぎて構図とか考えられなくなってます。

ダリ in ロンドン
スペイン人であるダリの作品をモチーフにした彫刻がなぜココに。
この後ろのギャラリーでダリ展をやっているようだったが開いてなかったので詳しいことは分からず。ガイドブックを見てもココにギャラリーなんて存在しないことになってるのですが・・・。この空間自体がモダンアートなのか??

Great Court
実は大英博物館は3回目。多少マンネリ気味で訪れたら入り口のT字路がぶち抜かれていてGreatCourtという空間が出現していてビックリ。巨大な円柱が大樹のようなガラスの天井を支えている構造(?)になってます。この円柱内は図書館になっていて壁が全て本棚になっていました。(中の空間は読書スペース)

モダンアートの雪山(と解釈した)
パリと比べて圧倒的に美術館が少ないロンドン。ナショナルギャラリーは前に行ったしなー、とガイドブックを見ていたら、モダンアートの美術館「テートモダン」が出現してた!
巨大な火力発電所を美術館に改修したということでスケールは圧倒的。余裕で3時間は費やせます。モダンアートゆえに謎のオブジェや謎の映像。しかし心になぜだか響く作品多数。口をポカーンと開けるだけでも楽しめるのでアートに興味のない方にも是非行ってもらいたい場所でした。

Natural History Museum
仕事相手のイギリス人の人がお勧めと言っていたので行ってみた自然史博物館。大英博物館と並ぶ規模です。生き物や地球について数多くのものが展示されています。恐竜の骨格標本が多いためか地元の子供たちで超満員状態です。早い時間に行くことをお勧めします。
大英博物館の展示物は見ても「ふーん」という感じですが、こっちの展示物は興味津々で見れます。ナチュラルに楽しいです。いぇい!
Earth GalleriesのZoneに地震体験コーナーがあったのですが、神戸がモデルになっておりスーパーなどが再現されていました。あの地震が世界に与えた衝撃って大きかったんですね。。。
ロンドンは初めてじゃなかったので、あれも見るこれも見るという状態にならず1カ所をじっくり見れたのが良かった感じ。初めて訪れる人はバッキンガム宮殿とか名所に行きたくなると思いますが、そこをキャンセルしてでもテートモダン,自然史博物館は見る価値あります。後で怒られてもアレなので気弱にお勧め。

2 thoughts on “ロンドンにて
  • るり より:

    こんばんは?。
    ロンドン、いいなあ?、うらやましい。
    わたしはホームズ好きなのでぜひ行ってみたいんですがね・・・。
    ちなみに震災の被災者です。
    そして夜更かしです。
    こっちのブログも見に来てください?。

  • MinaTech より:

    > ちなみに震災の被災者です。
    知り合いはいないよなと思いつつテレビを見てましたが
    まさか、るりさんがいたとは!
    当時は大丈夫でした?(いまさら)
    > わたしはホームズ好きなので
    ロンドンへ行きたくなるぐらいのホームズ好きって一体。(^^;)
    小学生のころ図書館の推理小説を読みのが流行ってましたが怪盗ルパンしか見てませんでしたよ。アニメは見てましたけどね。犬のやつ。
    > こっちのブログも見に来てください?。
    はーい。口べたなので発言控えめですが、巡回コースに入れておきまうす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*