MinaTech

innocent at every scene

レンズ修理完了→再修理

修理に出していた18-200mmが戻ってきた。AF時に何かが擦れているような異音があり、3週間ほど前に修理に出した物。異音は小さくなっているものの、静かな部屋で使ってみると明らかに異音が残っている。
カメラのキタムラの5年保証を使ったのだが、メーカーのニコンではなく、修理業者(?)の「日研テクノ」なる会社で修理が行われていた。再度キタムラに持ち込んだら「これくらいの音、許容範囲だと思いますよ」と軽くクレーマー扱い。故障前と比べて絶対におかしいので、がんばってニコンでの修理をお願いした(こういう交渉は苦手なので疲れる)。
店の言い分だと「ニコンに直接修理に出すと金銭の処理が発生してしまうので、日研テクノ経由でニコンに修理に出す」とのこと。そんなの客の知ったことではないのに。すごく時間がかかりそうだ。。。いろいろネットで調べてみると

ということらしい。(こういう修理業者は、修理部品切れでメーカーでの修理が不可能となった場合に便利だそうな。)

車が事故で破損したときも、保険屋の手はずのカーコンビニ倶楽部に持ち込まれてしまったのだけど、内装の継ぎ目に隙間があったりした。修理業者って製品に対する愛着ってなさそう。だから75点ぐらいの仕上げになっちゃうのかな?こっちは100%元に戻ってほしいのに。

これからまた3~4週間待ちかな。ちゃんと完治して戻ってくるのかな。心配はつきない。はあぁぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*