MinaTech

innocent at every scene

イギリス帰り

2週間ほど仕事でイギリスに行って帰ってまいりました。
戻ってきたのは1週間ほど前なんですが、今まで何もやる気がない状態。(時差ボケということにしておいて。)
結構煮詰まっていてフラストレーションが貯まりまくりだったので、仕事とはいえ久しぶりの海外はよい気分転換になりました。
荷物になると分かっていてもD70を置いていく訳にはいきません。ということで、すでに行きから手荷物がパンパンです。キットレンズ以外のレンズを持って行く元気はなかったのですが・・・、ちと後悔。
行きの飛行機の中で、写真の撮り方の本を読破。そうです。一夜漬けです。
『団体行動ならば、団体行動前の空いている時間を利用しよう!』
という文章に触発され、夜明け直前からビッグベン周辺をうろついてました。で、こんな感じ。

ロンドン夜明け前
ちとしばらくの間、旅(?)の思い出としてダラダラ書いていこうかと思う。

4 thoughts on “イギリス帰り
  • Zionics より:

    ぬぉー!
    いい感じの写真ですね。(*^-^*)
    確かに一眼レフは、かなり荷物になりますね。( >_< )”
    でも、色々出来るのが魅力ですから、デメリットは
    あえて受け入れるしかないですなぁ。
    ~?(^-^)/~
    それにしても、やっぱり本とか読まないと、
    写真の腕は上達しないですかね?
    今更ながら、勉強しようかなぁ。(*^-^*)

  • MinaTech より:

    > 色々出来るのが魅力ですから、デメリットは
    >あえて受け入れるしかないですなぁ。
    そうなんですよー。
    デメリットは重い、でかいぐらいなので根性で打ち消します。
    夜明け前、夕暮れでは手持ちはちょっと無理。ミニ三脚でも持って行けばよかったなと。橋の欄干やベンチなどを使ってカメラを固定していたのですが、周りから見ると超怪しい気が・・・。
    最近発売されたVR 18mm-200mmのレンズがあれば最適だったような気がしますが金なし。
    > やっぱり本とか読まないと、
    > 写真の腕は上達しないですかね?
    どうなんですかねぇ。
    読んだ本はテクニック本というより心構え本という感じでした。心構えも未熟なのでタメになりましたけど。w

  • うたかた より:

    きれー…。
    夕焼けと朝焼けは区別がつかないけど、これも黄昏時だと思ったの。その割には人影が全く無いのが不思議?と思ったら夜明け前かー!
    霧のロンドンなだけあってやっぱり曇ってるんだ(笑
    明け方に近い方なのかぁ。すごい空色を取ったもんだと思う。
    ビックベンの時計の光っててすっごい目立つから、手前の大きな建物や奥の賑やかな明りに押されてないんだよね。
    アイレベルの位置にちょうど街頭の光が並ぶ線、全部が右奥に焦点が収まる感じといい、かなりハマった構図じゃないかな、と思う。
    とにかく、きれー!きれー!
    と、海外出張おつかれさんです。
    なかなか更新がないからちょっとどきどきしとりましたわ。

  • MinaTech より:

    > かなりハマった構図じゃないかな、と思う。
    絵を描いている人にそう言ってもらえると嬉しいやら照れ臭いやら。「はにゃーん」て言ってもイイ?
    > 明け方に近い方なのかぁ。
    一夜漬けの後、Palmのソフトでロンドンの日の出時間を調べて、夜明け直前の街をうろうろしてました。
    > なかなか更新がないからちょっとどきどきしとりましたわ。
    ちょっと過充電気味で動けませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*