MinaTech

innocent at every scene

「Open XML」否決

Microsoftが推進してきた「Open XML」の標準化がISOでの投票で否決されたというニュース。ドキュメントの形式がODFに統一されればワープロソフトの選択の幅が広がると思うので、このニュースはちょと嬉しい。Wordはバージョンアップを重ねるごとにどんどん分かりにくくなっていくし、もう一緒に歩みたくない感じ。
思えば、伸びていく表に感動してWin3.1時代に「一太郎」と決別した訳ですが、今思えば一太郎の方が使いやすかったなぁと。やっぱり日本の文書文化に精通しているソフトの方が何かと使いやすい気がします。最近の一太郎がどうなっているか知りませんけど。
個人的にはODF対応で「松」の復活を夢見る今日この頃です。最初にさわったPCワープロなので愛着の念が刷り込まれ気味。FEPが「松茸」、お絵かきソフトが「鶴」というネーミングは好きだったなぁ。

Powered by ScribeFire.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*